machinohoikuen

お知らせ 2021年7月1日 渋谷区子育てネウボラ

渋谷区子育てネウボラ基幹施設内 “子育ての、みらい” を創造する 子育て支援施設「coしぶや」オープン!

#カフェ#コミュニティ#まちづくり#地域#子育て#子育て支援

まちの研究所株式会社は、株式会社良品計画と共同で、渋谷区が新たに整備した「渋谷区子育てネウボラ」基幹施設内2階〜3階に、渋谷区神南ネウボラ子育て支援センター(通称:coしぶや)を8月2日に開設します。まちの研究所株式会社は本施設の企画・運営を、良品計画は空間設計・デザインを担当しています。

(イラスト©KOHEI ASHINO)

まちの研究所は、姉妹会社ナチュラルスマイルジャパン株式会社で認定こども園、認可保育園「まちの保育園・こども園」を運営しています。これまで10年に渡り、「こども主体のまちぐるみの保育」を理念に、保護者や地域とともに、こどもを育て、見守ってきましたが、そこで得られた知見や気づきをいかしながら、こども・子育て家庭を中心に、地域に貢献することを目指し、この度地域子育て支援に挑戦することにいたしました。

渋谷区子育てネウボラは、子育てをする家庭が不安なく喜びの多い子育てができるよう、保健師を中心に渋谷区がサポートを行う仕組みです。本施設「coしぶや」は、その入り口的な機能を担います。
こどもたちが自由に探究し、ひらめきや出会いの場となるアトリエ。木の香りに包まれてゆったりと遊んだり、子育て相談ができる子育てひろば。そして、多世代が居心地良く過ごし、緩やかに繋がりあうコミュニティカフェ。保育士はもちろん、助産師やコミュニティを豊かに繋ぎ育むコーディネーターも常駐しており、こどもや子育て家庭に向けて、日々さまざまな企画が生まれます。

こどもとアーティスト。こどもとシェフ。こどもと企業。渋谷区子育てネウボラのコンセプト「出会う、集う、語る、 つながる。地域みんなでこどもを育てる」のもと、渋谷のリソースを活かし、多世代・多様な個性を持った人たちがつながりあう豊かなコミュニティの場を目指していきます。

【施設概要】

渋谷区神南ネウボラ子育て支援センター「coしぶや(こ・しぶや)」
所在地:東京都渋谷区宇田川町5-6 2・3階
開設日:2021年8月2日(月曜日)
開館時間:9時~17時(休館日:火曜日午後、土曜日、祝日)
施設機能:子育て相談、子育てひろば、プレイグラウンド・アトリエ、短期緊急保育、カフェ等
運営:まちの研究所株式会社
運営サポート:ナチュラルスマイルジャパン株式会社
協力パートナー:株式会社良品計画
*ご利用方法、企画内容に関する情報はインスタグラム(アカウント @co_shibuya)で発信していきます。ぜひご覧ください!(ご利用は渋谷区在住・在学の方を優先とさせていただきます)

【特色】

  • ひらめきや出会いの場となるアトリエ

入り口の大階段を登っていくと、手前にアトリエとプレイグラウンドスペース(遊びの広場)があります。右側にはモッキンガム(幼児期以降のこどもたちが体と頭を使って遊ぶ箱)があり、身体性に出会う場となります。手前の透明ガラスにはこどもたちが自由に絵を描いたり、表現活動が広がります。
アトリエは、0歳からのこどもたちが様々な素材に出会い、創造活動を深めるひらめき、気づきの場となります。こどもの創造活動を支える専門職員アトリエリスタが常駐し、単なる図工室ではなく、こどもも大人も、様々な表現に出会う場です。日々様々な企画も開催されます

  • 良品計画との共創による空間

日本の木など天然素材を用いたぬくもりのあるカフェ、工房、遊び場を、外部クリエイター※とともに企画・デザインしました。遊びや会話、創造活動を通じて気軽に交流することができる、地域に開かれた子育て支援のための場を考えました。親子も地域の方も、分け隔てなく、心地の良く過ごせる空間です。(※外部クリエイター:全国で木の空間づくりを手掛けている、若杉デザインオフィス、株式会社藤森泰司アトリエ、パワープレイス株式会社))

  • コミュニティカフェ「coの食卓」

“いつもの日常に溶け込む場所”をコンセプトに、乳児から高齢者まで、多世代が集えるカフェ。食べる味噌汁を中心に、素材にこだわった和食のメニューを揃えます。お味噌汁やお弁当のテイクアウトも行います。味噌づくりや生産者との出会いの場など、食を中心とした出会いと繋がりの場です。